炭の湿気取りの魅力に迫る

リフォームと同時に、冬場の暖かさを取り入れる暖房性能を向上させる工法を採用するケースが増えています。
暖房性能を向上させるために考えられることは、能力の高い暖房器具に交換したり、床暖房を取り入れる方法などが考えられますが、自宅の状況を確認してからプランを検討していく事になります。


暖房性能を向上させるためのリフォームで大切になる事は、温めた温度を外へ逃がさずに一定の温度を保てることが一つに鍵となります。

千葉のリンナイの給湯器は支持されています。

暖房器具によってせっかく温めた空気が、外に逃げてしまっては効率の良い暖房をしているとは言えない訳です。



リフォームで暖房性能を考慮した場合、どのようにして温度を逃がさないか考えなければいけないのです。

比較的新しい住宅では、殆どのケースで断熱材が充填されており、また高気密工法を採用していることから、暖房性能は高くなっています。少し古い住宅では、部分的にしか断熱材が入っていないことも多く、全く入っていない場合はまずここからリフォームをしていく必要があります。



部分的なケースで多いのは壁にのみ充填されている場合が多くなっています。断熱材は床、壁、天井のすべてに充填して、断熱材に覆われた大空間を作り上げるものです。
全てが断熱材に覆われることによって、温度を外に逃さない構造が出来上がります。

リフォームと同時に断熱工事を行えば、暖房性能は飛躍的に向上しますが、費用的な面も検討する必要があります。


建物が古くなっている場合は、表面の仕上げ材だけのリフォームでは、十分な耐久性を確保できない場合があります。長年の湿気や結露によって下地材にも影響が及んでいる場合があります、下地材の交換が必要な場合は、断熱材の工事もやりやすくなりますので、同時に行うほうが経済的です。

最近よく見られる暖房器具に床暖房があります。
電気による暖房器具は、熱の立ち上がりが早く、クリーンであることが特徴です。

断熱材の工事を組み合わせれば、小さな子供のいる家庭でも安全な暖房を手に入れることができるのです。

リフォームの際に対応しきれない湿気などの対応策としては炭を袋などに入れて使用するのが効果的です。
炭には脱臭、湿気取りといった効果があるので活用すると良いでしょう。